理学療法士

今宮 優花 さん

今宮 優花 さん
医療法人社団 朗愛会 こが病院 勤務
2015年3月 理学療法学科 卒業
旭川藤女子高等学校 出身

これからも積極的に勉強し、
より質の高いリハビリを提供していきたい。

 私は、主に腱板断裂や大腿骨頸部骨折、変形性膝関節症などの運動器疾患の方をメインにリハビリさせていただいています。担当させていただいた患者様を術後早期から退院まで、更には退院後のリハビリまで一貫して担当しています。長期に渡って一人ひとりと関わるため、その方の生活背景や職業復帰に何が必要かをしっかりと考え、評価・治療をしています。今後も積極的に勉強し、自分の知識や技術の向上につとめ、より良い質の高いリハビリを提供できるようにしていきたいです。そして、たくさんの方の笑顔を見れるように頑張っていきたいと思います。

和泉 俊平 さん

和泉 俊平 さん
高桑整形外科永山クリニック 勤務
2015年3月 理学療法学科 卒業
旭川龍谷高等学校 出身

幾度も壁にぶつかりながらも、
患者様からのお礼の言葉が活力に。

 卒業後クリニックに就職し、主に整形外科疾患の保存療法を中心に患者様の治療に関わらせて頂いています。日々様々な患者様の治療を行う中で、同じ疾患でも日常生活の中での問題点や、疼痛に対する訴えは同じではありません。私自身経験が浅く、幾度も壁にぶつかりますが、患者様からのお礼の言葉を頂くと、微力ながら患者様をサポートしている実感があり、自分自身への活力にもなります。今後も現状に満足することなく様々な整形外科疾患に対応できるように、視野を広げ、自分自身成長し、真摯に患者様と向き合い、今日より明日良くなることを信じて治療していきたいです。

作業療法士

近田 裕稀 さん

近田 裕稀 さん
訪問看護ステーション あけぼの 勤務
2014年3月 作業療法学科 卒業
旭川明成高等学校 出身

対象者さんの熱い想いに応え、
生活を支える手助けをしていきたい。

 「最期まで自分の生活の場で自分らしく暮らしたい…」病気や障害は様々ですが、対象者さんはみな熱い想いを胸に秘めています。1人1人の生活スタイルは個性豊かであり、毎日が驚き、感動の連続ですが、その方に合った生活訓練や環境工夫などの支援をはじめ、「車椅子で好きな歌手のコンサートに行きたい」「春になったら桜を見に行きたい」など、希望を叶える方法や手段を一緒に考えています。時には一緒に泣いたり、笑ったりといった体験を通じ、人として成長できる素晴らしい仕事です。今後もチームスタッフの一員として、微力ながら対象者さんやその御家族の生活を支える手助けができればと思っています。

久末 怜奈 さん

久末 怜奈 さん
旭川ペインクリニック病院 勤務
2017年3月 作業療法学科 卒業
旭川商業高等学校 出身

患者様の小さな変化も感じ取れる
作業療法士を目指して。

 主に慢性的な腰痛や肩関節痛を伴う疾患が多く、長い期間痛みに悩んでいる方を対象にリハビリを行っています。本人にしか分からない痛みを理解することは大変難しく、検査場面だけでなくちょっとした仕草や表情も見過ごさないことが大切です。日々働く中で、日に日に痛みが軽減し表情が明るくなり、活動的になっていく患者様に声をかけられることが何より嬉しく、私も自然と笑顔になります。今後も一人でも多くの患者様が笑顔となれるよう、それぞれに抱える悩みに対して技術的なことは勿論ですが、安心して相談できる関係性や小さな変化をも感じ取れる作業療法士を目指して頑張りたいと思います。

看護師

岩崎 寧々 さん

岩崎 寧々 さん
KKR 札幌医療センター 勤務
2017年3月 看護学科 卒業
岩見沢緑陵高等学校 出身

様々な患者さんに合わせ、
日々学び、技術を磨いています。

 私は現在、整形外科・形成外科・リウマチ膠原科の混合病棟で働いていて、患者さんの年齢も0歳から100歳代までと様々。年齢層に合わせた幅広い看護が求められます。患者さんの入退院が多く、形成外科では特に小児の入院が多いため、患児への注射や点滴の管理などは安全かつ迅速に行えるよう日々知識を深め、技術を高める勉強をしています。
 入職当初は、習得しなければならないことが多く、とても大変でしたが、病棟の先輩達にフォローしていただきながら充実した日々を送っています。患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんが安心できるような看護を行っていけるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

太田 樹那 さん

太田 樹那 さん
豊岡中央病院 勤務
2017年3月 看護学科 卒業
旭川南高等学校 出身

患者さんの気持ちに寄り添い、
笑顔を忘れずに看護をしていきたい。

 私は、4月から整形外科と脳神経外科の混合病棟で勤務しています。急性期病棟であるため日々の業務では、患者さんの全身状態の観察や薬の管理などを行っています。また、他部署と連携をとりながら患者さんの日常生活動作を拡大できるよう援助を行っています。
 慣れない業務に追われ、看護の難しさを実感しています。しかし、患者さんが「ありがとう」と感謝の言葉とともに回復し元気に退院していくことがとても嬉しく、やりがいを感じます。
 今後も疾患や看護の知識を深めていき、患者さんの気持ちに寄り添い、笑顔を忘れずに看護していけるよう努力していきたいと思います。