理学療法士

八巻 竜太 さん

八巻 竜太 さん
森山メモリアル病院 勤務
2014年3月 理学療法学科 卒業
旭川工業高等学校 出身

他部門と連携しながら、
患者様の退院後の生活も考えることが大切。

 主に脳梗塞などの脳血管疾患、大腿骨頸部骨折や脊柱圧迫骨折などの運動器疾患患者様を担当しています。当院には回復期リハビリテーション病棟があり、身体機能や運動能力の回復だけでなく、他部門や他部署と連携しながら患者様の退院後の生活を考えていくことが大切なのだと感じています。
 現在は外来患者様の担当が多いため、少しでもその人らしい日常生活を送る手助けができればと思っています。「前よりも長く歩けるようになったよ」等と声をかけていただいた時にとてもやりがいを感じます。
 今後も、様々な疾患に対応できるように、日々学んでいきたいです。

西村 紗央里 さん

西村 紗央里 さん
釧路協立病院 勤務
2014年3月 理学療法学科 卒業
旭川龍谷高等学校 出身

いろいろな視点から理学療法を経験し、
もっと視野を広げていきたい。

 卒業後病院に勤務し、主に整形疾患や内部障害、外科手術後と様々な疾患の患者様を治療しています。経験を積んでいくといろんな課題があり学んでいくことで、充実した毎日を送っています。
 私は日々、患者様やご家族の希望に向けサポートできるよう心がけています。目標が達成し、患者様と一緒になって喜んだり笑顔になることがやりがいを感じる瞬間です。
 今後もいろいろな視点から理学療法を経験して自分の考え方や視野を広げていきたいと思います。

作業療法士

菅原 斐 さん

菅原 斐 さん(旧姓:安倍)
就労支援施設 勤務
2005年3月 作業療法学科 卒業
旭川西高等学校 出身

利用者さんと、共に悩み、考え、
課題を乗り越えていく事が仕事のやりがい。

 私は、就労継続支援B型事業所で職業訓練指導員として利用者さんへの作業、訓練の支援をしています。利用者さんは、病気や障害を機に作業所へ通所され、希望や期待、不安や焦燥、葛藤…など様々な思いを持ちながら日々訓練をしています。利用者さん同士、それぞれ歩幅は違うけれど、同じ時を過ごし、励まし合い、切磋琢磨しながらの訓練の日々です。毎日が本気の現場なので、支援者も気力と体力が必要ですが、共に悩み、考え、課題を乗り越えていく事がこの仕事のやりがいだと感じます。今後も、心理学や相談支援、就労支援などの知識を深め、より利用者さんの役に立てるような支援者になりたいと思います。

須藤 愛作 さん

須藤 愛作 さん
森山病院 勤務
2006年3月 作業療法学科 卒業
旭川北都商業高等学校 出身

様々な方と関わることで、
専門知識以外の多くのことを学べる楽しさ。

 主に身障分野での急性期から回復期、慢性期と病院で関われる時期別の作業療法に従事しております。現在は、急性期分野で仕事をしており、主に上肢の整形疾患のリハビリを行っています。
 様々な方と関わることで、専門的な知識以外にも多くのことを学ぶことができ、楽しく、やりがいを感じております。
 人のために動き、真摯に向き合える人間になる事が私の人生の目標です。そして、驕らず腐らず日々努力を続けること、継続し続ける力を兼ね備えた人間になりたいと思います。皆様も人生に目標をもって謙虚な作業療法士として活躍していただければと思います。

看護師

坂元 香苗 さん

坂元 香苗 さん
遠軽厚生病院 勤務
2016年3月 看護学科 卒業
遠軽高等学校 出身

患者さんからの感謝の言葉と、
元気に退院していくことが、日々の励みに。

 私は現在、整形外科、小児科などの混合病棟で働いています。病棟では、注射や点滴の管理、食事介助、排泄介助、また、整形外科の患者さんの退院に向けての運動や歩行練習を一緒に行ったりしています。毎日の関わりの中で、患者さんからの感謝の言葉や、患者さんが回復し、元気に退院していくことが嬉しく、それを励みに日々頑張っています。
 混合病棟であり、様々な疾患など覚えることが多く最初はとても大変でしたが、病棟の先輩たちに色々なことを丁寧に教えていただき毎日が充実しています。これからも患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんが笑顔になれるような看護ができるように頑張っていきたいと思います。

川村  大翔 さん

川村 大翔 さん
札幌麻生脳神経外科病院 勤務
2016年3月 看護学科 卒業
旭川明成高等学校 出身

患者様一人ひとりに寄り添い、
その人らしい生活が送れるように。

 私は4月から脳神経外科病院で働いています。脳神経外科といっても脳疾患だけではなく、脊髄疾患の患者様も多く入院されているので、脳疾患の知識だけではなく整形分野、周手術など幅広い知識が必要になってきます。日常生活援助、注射、点滴業務、全身状態の観察、担当患者の退院支援など、日々業務に追われ看護の難しさを痛感する中でも、患者様やそのご家族から「ありがとう」「助かったよ」と感謝の言葉を頂くことで看護師としてのやりがいを実感しています。
 今後も医学知識や業務のスキルアップを図り、その人らしい生活が送れるような寄り添った看護ができるよう努力していきたいです。