理学療法士

石澤 彩夏

石澤 彩夏 さん
理学療法士 2017年3月卒業
旭川南高等学校 出身

医療法人翔陽会 滝川脳神経外科病院勤務

 私は脳卒中の急性期、回復期、デイサービスのリハビリテーションをさせて頂いています。その中でも主に回復期の患者様を担当する事が多いです。回復期では発症してから自宅や施設等に退院するまで、長期にわたり深く患者様と関わります。自宅復帰を目指すため実際に患者様の家を見に行ったり、家族様との関わりも大切になってきます。そのため、退院するときは寂しい気持ちもありますが、なにより患者様や家族様からの感謝の言葉は一緒に頑張ってきて良かったと心から思える瞬間です。もし自分の家族が患者だった時に、安心して任せられるような理学療法士でいることを常に忘れないように心がけています。今後も、この仕事は患者様の人生を左右する大事な役目だと思っているので責任をもって勤めていきます。

鈴木 優太朗

鈴木 優太朗 さん
理学療法士 2017年3月卒業
旭川実業高等学校 出身

国立病院機構 旭川医療センター勤務

 当院では主に神経難病、呼吸器疾患、癌などの患者様に対しリハビリテーションを行っております。発症・術後早期から終末期まで、幅広い病期の患者様と関わる機会があります。予後不良な疾患も多いですが、その中で目標とする動作を獲得したり、自宅退院を実現できたりしたときに患者様と喜びや達成感を共有できる瞬間にやりがいを感じ、日々の活力となっています。近年はいかなる病期・疾患においてもリハビリテーションが重要とされています。時代のニーズに応えていけるような理学療法士となれるよう、今後も精進したいです。今後は呼吸リハビリテーションを中心に勉強し、チーム医療の中で、少しでも患者様の苦痛を緩和し、良好な転機に寄与したいです。

作業療法士

千葉 望

千葉 望 さん
作業療法士 2016年3月卒業
旭川東高等学校 出身

下川町役場 保健福祉課 地域包括支援センター勤務

私は「地域包括支援センター職員」と「行政職員」の2つの立場で仕事をしています。高齢者の介護予防支援として、在宅生活や退院支援に関わったり、専門職の立場から介護予防事業の効果的・効率的な実施運営や体制整備を行っています。
 地域での仕事は、住民の「人生に関わる」という視点が大切です。関わりの当初は元気だった方が、次第に低下し亡くなっていく過程に寄り添うことは、治療とは対極にある支援であり、そのアプローチそのものが、この仕事のやりがいであると感じています。
 どのような生活を送り、どのような人生を歩むのかを決めるのは住民自身であり、支援者はあくまでも住民の意思を尊重して支援する立場です。住民が主体的に活動し、健康的な生活を送ることが1番の介護予防であり、そのための体制整備を進め、システムとして稼働させていくことが目標です。

豊島 日向子

豊島 日向子 さん
作業療法士 2018年3月卒業
旭川東栄高等学校 出身

北海道立旭川肢体不自由児総合療育センター勤務

 私は、18歳までのお子さんを対象とした小児施設の入院や外来で働いています。主に肢体不自由や発達の遅れ・偏りのあるお子さんに対して、遊びを通した発達の促し、生活動作などの支援をしています。
 また、外来ではご家族の方も一緒に参加されるので、家庭での困り事などを聞き、解決方法を共に考え提案しています。ご家族から出来るようになったという嬉しい報告が聞けた時や、子どもたちのとびきりの笑顔を見ることができた時に、やりがいを感じています。
 これからも、ご家族と子どもたちから学ぶことを忘れずに、寄り添っていけるような作業療法士になりたいと思います。

看護師

中尾 奈美・千葉 育美

中尾 奈美 さん
看護師 2012年3月卒業
旭川藤女子高等学校 出身

千葉 育美 さん
看護師 2012年3月卒業
東川高等学校 出身

国立病院機構 旭川医療センター

 私達は2期生として学校を卒業し看護師となって9年目となりました。仕事は患者さんや家族の方の治療補助や身体・精神面への援助などがあり、他者へ寄り添うことが必要になる仕事です。行った援助が患者さんの命に直結することもあり、たくさんの知識や経験が必要となります。責任が重く、覚えないといけない事がたくさんある為、辛い時もあります。しかし患者さんが治療を終えて退院する姿や笑顔を見ると嬉しくなり、とてもやりがいのある仕事だと思っています。これからも医療は日々進歩していますので、患者さんの為に勉学に励み、たくさんの経験をつみ、患者さんに寄り添うことのできる看護へ活かしていきたいと思っています。

養護教諭特別別科(進学)

川嶋 芽依

川嶋 芽依 さん
2019年3月卒業
旭川凌雲高等学校 出身

北海道教育大学養護教諭特別別科(進学)

 大学では、主に”学校保健”について学びました。学校保健に関する法律、養護診断、救急処置、保健指導等を学びます。養護教諭を目指す上で必要不可欠な専門的知識です。入学して約3ヶ月で教員採用試験があります。解剖生理や救急処置、小児疾患について問われる問題が出題されるため、北都で学んだ看護の知識が大いに役立ちました。
 大学生活では、養護教諭の本質について語りあったり、教職についての知識を共有したりと、自分の夢に向かって気持ちを高めあえる最高の仲間に出会うことができました。
 今後は、養護教諭として教育の現場に立ちます。児童生徒が自らの健康の保持・増進に努めることができるよう関わっていきたいと思います。