理学療法士

以後 勇仁さん

以後 勇仁 さん
理学療法士
旭川凌雲(現永嶺)高等学校 出身

旭川厚生病院勤務

 私は急性期の総合病院に勤めており、主に整形外科疾患・心大血管疾患、他に外来にて小児の運動発達遅滞の児に対してリハビリを行っております。総合病院のため、色々な疾患の患者さんが来ます。そのため、勉強は欠かせないものです。しかし、そこが楽しさの1つなのだと思います。知識を付けていき、色々な患者さんを治療できるようになっていけることが私のやりがいの1つです。治療した患者さんから病院アンケートにてお礼のお言葉をもらえた時は本当に理学療法士をやっていて良かったなと心から思いました。最後に、4年間意外と短いので充実した日々にして下さい。

作業療法士

岸山 翔莉さん

岸山 翔莉 さん
作業療法士
旭川農業高等学校 出身

旭川三愛病院勤務

 私が作業療法士を目指したきっかけは、両親からの勧めと過去の経験があったからです。私は小学生の頃、作業療法士と実際に関わる機会があり、作業療法に興味を持ちました。その後、高校3年生の進路を決める時期に、北都保健福祉専門学校を知り作業療法士を目指して入学しました。
 入学以前は、作業療法士は「生活が難しくなった患者さんにリハビリをする」という認識でいました。しかし、臨床現場で実際に仕事をしている今では、本当の意味で「患者さんの一生に寄り添うことができる仕事」であることを実感し、とてもやりがいを感じています。

看護師

市呂 奈女さん

市呂 奈女 さん
看護師
東海大学附属札幌高等学校 出身

北海道大学病院勤務

  循環器・呼吸器外科の病棟で働いています。病棟では急性期から慢性期の重症度の高い疾患、心臓移植対象者等の患者がいます。患者の人生観や生活背景を尊重し健康の早期回復と退院を目指して多職種やチームが一丸となり支援しています。患者の病態変化や回復し笑顔で退院される姿を見てやりがいを感じながら日々看護をしています。近年の医療現場は最先端の医療技術が導入され、看護師へのニーズが多様化し常に知識・技術の向上が求められ大変な仕事です。看護の質向上のために日々の自己研鑽を心がけ、患者や家族の方々に寄り添う事を忘れず日々精進していきたいと思っています。
みなさんもぜひ、北都の仲間とともに、看護師を目指してください。