独自の報奨金制度

北都保健福祉専門学校では、以下のような本校独自の支援制度も設けております。
詳しくは本校にお問い合わせください。

報奨金制度 授業料の半額
または一部を免除
定期試験及び他の試験が全科目優秀な成績で、性行が模範となる学生
子弟入学制度 入学金を半額免除 親・兄弟・姉妹が本校の卒業生、もしくは在校生である者

奨学資金のご案内

1.日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構奨学金には「貸与型」奨学金と「給付型」奨学金があります。

「貸与型」奨学金

第1種奨学金《無利息》
貸与月額 自宅通学者:2万円・3万円・4万円・5万3千円の4種類から選択
自宅外通学者:2万円・3万円・4万円・5万円・6万円の5種類から選択
貸与期間 原則として日本学生支援機構が定めた月から卒業までとなります。
学力基準

1.高等学校等もしくは専修学校高等課程における最終2ヵ年の成績評定平均が3.2以上の者

2.高等学校卒業程度認定試験に合格し、上記に準ずると認められる者

家計基準 申込み者本人の父母等(家計支持者)の収入から各種控除された「認定所得金額」が基準額以下であれば申込むことができます。
保証制度 申込時に「人的保証」と「機関保証」のどちらかを選択していただきます。
人的保証の場合はご家族やご親戚に保証していただきます。
機関保証の場合は保証人が不要となりますが、保証料は毎月の奨学金から差し引かれます。
返還方法 奨学金の返還開始は、卒業した月から数えて7か月目となります。
3月卒業の場合、10月から返還開始となります。
第2種奨学金《有利息》
貸与月額 自宅内外問わず、3万円・5万円・8万円・10万円・12万円の5種類から選択
貸与期間 日本学生支援機構が提示した開始月範囲の中から本人が希望する月から卒業までとなります。
学力基準

1.出身学校における学業成績が平均水準以上の者

2.特定の分野において特に優れた資質能力を有する者

3.学習に意欲があり学業を確実に修了できる見込みの者

4.高等学校卒業程度認定試験に合格し、上記に準ずると認められる者

家計基準 申込み者本人の父母等(家計支持者)の収入から各種控除された「認定所得金額」が基準額以下であること。
保証制度 申込時に「人的保証」と「機関保証」のどちらかを選択していただきます。
人的保証の場合はご家族やご親戚に保証していただきます。
機関保証の場合は保証人が不要となりますが、保証料は毎月の奨学金から差し引かれます。
返還方法 奨学金の返還開始は、卒業した月から数えて7か月目となります。
3月卒業の場合、10月から返還開始となります。
入学時特別増額貸与奨学金《有利息》

初回振込時に増額して貸与を受ける制度です。給付型および第1種、第2種との併用のみとなります。

貸与一時金 自宅内外問わず、10万円・20万円・30万円・40万円・50万円の5種類から選択

「給付型」奨学金

返還の義務のない奨学金です。ただし、要件に合わない場合は返還が必要となります。

貸与月額 自宅通学者 :3万円
自宅外通学者:4万円
貸与期間 原則として日本学生支援機構が定めた月から卒業まで
学力基準 高等学校等における学習成績の評価(調査書の学校成績概評)が「A」の者
家計基準 家計支持者(父母等)が住民税(所得割)非課税であること。

詳細については、高等学校の担任または奨学金担当の先生にお尋ねください。

詳しくは、日本学生支援機構ホームページ:https://www.jasso.go.jp/をご覧ください

2.北海道看護職員養成修学資金貸付金

貸付金の目的 北海道における看護職員の充足を図るため、将来道内において看護業務に従事しようとする保健師、助産師、看護師または准看護師養成施設もしくは大学院修士課程の学生に対して、その修学に必要な資金を貸付し、優秀な看護職員を育成することを目的としています。
貸付対象者及び貸与金額 看護師養成施設に在学している者で、将来道内において看護業務に従事しようとする者
月額18,000円または月額32,000円
返済免除について 養成施設を卒業した日から1年以内に、道内の特定施設等において看護業務に従事した場合に、引き続き5年間就業したときは貸付金の返還が免除されます。
※要件に合わない場合は、返還していただくことになります。

3.北海道看護協会奨学金

応募条件 看護師になるために大学・短期大学・専門学校に在学し、将来、道内の病院その他の施設で看護職員の業務に従事しようとする方であり、経済的支援を必要としていること。
給付貸与 月額30,000円
返済義務 有《無利息》

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫は、全額政府出資の政府系金融機関で、国の施策の一環として『国の教育ローン』という教育資金貸付を行っています。
※詳しくはhttp://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

対象 進学予定者の保護者
申込み時期 随時受付 ※受験前でも申込み可能
融資額 学生1人につき350万円以内
備考 ●年率:年1.76%固定金利(平成30年2月現在)※金融情勢により変動あり
●返済期間:15年以内。毎月均等返済・ボーナス月増額返済・ステップ返済も出来ます
●据置期間:在学期間内で元金の据置が出来ます
●保証:連帯保証人または教育資金融資保証基金(保証料が別途必要)
●お申込み:日本政策金融公庫・教育ローンコールセンター(0570-008656)