ホクホが育てる看護学生は、「人間性にあふれ、患者様との強い信頼関係を築ける人」

看護師とは

看護師とは、対象者や家族ともっとも多く接し、生活の援助や心のケア、そして診療の補助にかかわる重要な専門職です。少子高齢化が進むなか、地域社会に生きる人々の様々な健康レベルに対応して、疾病の予防や疾病からの回復、健康の維持増進など、その対象者が自分らしく健康上の問題を解決するように支援する役割を担っています。

看護学科

目指す資格

  • 看護師(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校受験資格
  • 養護教諭養成学校受験資格
  • 専門士(看護専門課程)

卒業後の進路

  • 病院
  • 診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 介護保健施設
  • 社会福祉施設
  • 事業所
  • 発展途上国での医療支援
  • 教育または研究機関など

学びのポイント

他学科との交流で、「チーム医療」を学ぶ。

看護学科内の学年間の交流はもちろん理学療法学科、作業療法学科との他学科間交流があり、臨床の現場に求められる『チーム医療』について様々な視点から学ぶことができます。

医療現場を再現する実習設備で、実践的な技術を習得する。

充実した設備を備えており、実践的な技術の習得に必要な環境を整えています。シュミレーターを使用した臨場感あふれる実習が体感できます。

国家資格取得に向け、一人ひとりに合わせたきめ細やかな国家試験対策を実施。

3年生の新学期から国家試験に向けての年間計画を立て、強化学習や模擬試験を実施します。4月には、本校の卒業生から国家試験勉強の秘訣や体験談を聞いたり、国家試験対策のプロから国家試験の傾向や学習方法を伝授してもらいモチベーションを上げていきます。
また、教員が学内で行う模擬試験も含め、全ての試験結果を分析し、弱点分野を解析。個別指導やグループ編成の資料に活用します。後半は、グループ学習が主流となり、学生間で励ましあったり協力して学習することで、学生全体の学力引き上げを図っております。成績が伸び悩んでいる学生には、昼休みや放課後を利用して教員が個別指導を行うなど、国家試験当日に実力を発揮できるよう教員全員でサポートしていきます。

国家試験合格率

看護師・国家試験合格率
平成26年度 平成27年度 平成28年度
本  校 95.6% 96.6% 91.3%
全国平均 90.0% 94.9% 88.5%

カリキュラム

1年次-看護の基礎を身につける-

基礎分野
  • 教育学
  • 総合科学
  • 情報科学
  • 文章構成法
  • 英語
  • 心理学
  • 社会学
  • 人間関係論
  • 生命科学
  • 健康体力科学
専門基礎分野
  • 解剖生理学
  • 生化学
  • 微生物学
  • 疾病論総論
  • 疾病論各論
  • 治療論
  • 社会福祉論
専門分野
  • 基礎看護学概論
  • 基礎看護学方法論
  • 基礎看護学実習
専門分野
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 英語
  • 倫理学
  • 健康体力科学
専門基礎分野
  • 治療論
  • 保健医療論
  • 公衆衛生学
  • 関係法規
専門分野
  • 基礎看護学方法論
  • 基礎看護学実習
専門分野
  • 成人看護学方法論
  • 老年看護学方法論
  • 小児看護学方法論
  • 母性看護学方法論
  • 精神看護学方法論
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
総合分野
  • 在宅看護概論
  • 在宅看護方法論

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 関係法規
専門分野
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
総合分野
  • 看護管理と国際・災害看護
  • 診療の補助技術
  • 臨床看護の実践
  • 看護研究
  • 在宅看護論実習
  • 統合実習

ピックアップカリキュラム

校外研修<1年次>
校外研修

 看護学科では、学生主体で校外研修を実施しています。クラスで話し合いながら具体的な内容を考え、見学施設との調整をはかるなど、多くの経験を重ねていきます。このような経験を通して、自らの意見を発言しながら、相手の意見を取り入れていくことを学んでいきます。クラス全体で達成感を味わい、結束力を高めています。

技術創作<2年次>
技術創作

 基礎看護実習の終了後に、自分達の実施した看護技術を振り返ります。実習中に、本当に患者さんの気持ちに寄り添えたのか、どうしたら安楽な技術ができたのかを考え、文献を調べ実験で検証します。創作した技術を発表し、意見交換することで、根拠のある個別性をふまえた看護実践力を培います。

ケーススタディ<3年次>
ケーススタディ

 3年生は、7ヵ月間の臨地実習が終了した後に、ケーススタディを行います。ケーススタディは、看護援助の原則や実践理論を再度確認しながら自己の看護を振り返ります。最後に発表を行い、お互いの学びを共有します。この学習を通して、卒業後の看護研究のイメージをもちます。

在校生インタビュー

相手の立場になって気持ちに寄り添うこと、
周囲の人の考えを尊重することを大切に。

藤元 美沙 さん
看護学科 3年/旭川西高等学校 出身

 中学生の頃から、人を助け、支えることのできる仕事に就きたいと思っていたことがきっかけで、看護師に興味を持ちました。高校生の看護体験のとき、看護師が行った足浴の援助によって患者様が笑顔になった場面を見学し、その援助の全てが科学的根拠に基づくものであったことを知り、やりがいを感じ、看護師になることを決めました。
 今後の目標は、信頼される看護師になることです。そのためには、問題解決思考を身につけ看護を行うこと、患者様やそのご家族の立場になり、気持ちを傾聴・共感し心に寄り添うことが必要であると感じています。人との関わりの中で周囲の人の考えを尊重しながら、今後の学校生活を送っていきたいと思います。

藤元 美沙さん

経験豊富な教員の手厚い指導により、
少しずつ自身が持てるように。

菊地 真耶 さん
看護学科 2年/滝川高等学校 出身

 北都の講義はグループワークが多く、自分の意見を伝える力を養うことができます。また、先生にどのような質問をしても丁寧に答えてもらえるので、より理解が深まります。一番不安だった看護技術は、授業だけではなく、放課後にも教員が確認してくれるので、少しずつ自信を持てるようになりました。
 休日には友人とご飯を食べたり、温泉に行ったりしてリフレッシュしています。同じ目標を持つ友人と切磋琢磨し、励まし合いながら楽しい毎日を送っています。

菊地 真耶さん

患者さんの不安を取り除いてあげられる
ような、そんな看護師になりたい。

鈴木 菜里 さん
看護学科 3年/芦別高等学校 出身

 私は基礎看護学実習Ⅱを通して、改めて疾患学習の大切さに気付かされました。私は、腎不全の患者様を受けもたせていただきましたが、勉強の不足がありました。疾患は生活習慣病と深く関係がありますが、患者様に「どうして高血圧でこんなことになったんだろう」と質問がありましたが答えることができませんでした。患者さんの質問に答えられないことは、患者さんの不安を増強させてしまい、患者さんとの信頼関係を築くことが難しくなります。そのため、疾患の勉強は病態を学習するだけでなく、患者様に説明できるぐらい理解することが大切だと思いました。

鈴木 菜里さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩を後初回します!

きっかけは父の看護をしてくれた
1人の看護師との出会い。

河田 麻美 さん
看護学科 2年/旭川実業高等学校 出身
前職:飲食業

 私は以前、飲食業の仕事をしていました。接客時には、商品を通じて一人ひとりと丁寧に向き合い、気持ちを察し、お客様の想いに応えていくという、やりがいのある仕事でした。その中で様々なお客様や仕事仲間と関わり、相手の立場になって考え、思いやりを持って接することの大切さを学びました。しかし、父が脳梗塞で倒れて入院した時に、半身麻痺や失語となった父の看護をしてくださった看護師との出会いがきっかけで看護師になることを考えるようになりました。その方は笑顔で優しく丁寧な対応で、父も私たち家族も前向きな気持ちになることができました。
 入学後は、しばらく離れていた学校生活に順応できるか、現役生との関係をうまく築いていけるかなどの不安もありました。しかし、前職で学んだ、相手を気にかけ、思いやりを持って接することを心がけながら関わっていくことで、現在は新たな仲間と共に日々学習に励むことができています。

河田 麻美 さん