ホクホが育てる看護学生は、「人間性にあふれ、患者様との強い信頼関係を築ける人」

看護師とは

看護師とは、対象者や家族ともっとも多く接し、生活の援助や心のケア、そして診療の補助にかかわる重要な専門職です。少子高齢化が進むなか、地域社会に生きる人々の様々な健康レベルに対応して、疾病の予防や疾病からの回復、健康の維持増進など、その対象者が自分らしく健康上の問題を解決するように支援する役割を担っています。

看護学科

目指す資格

  • 看護師(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校受験資格
  • 養護教諭養成学校受験資格
  • 専門士(看護専門課程)

看護師の活躍の場

  • 病院
  • 診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 介護保健施設
  • 社会福祉施設
  • 事業所
  • 発展途上国での医療支援
  • 教育または研究機関など

学びのポイント

他学科との交流で、「チーム医療」を学ぶ。

看護学科内の学年間の交流はもちろん理学療法学科、作業療法学科との他学科間交流があり、臨床の現場に求められる『チーム医療』について様々な視点から学ぶことができます。

医療現場を再現する実習設備で、実践的な技術を習得する。

充実した設備を備えており、実践的な技術の習得に必要な環境を整えています。シュミレーターを使用した臨場感あふれる実習が体感できます。

国家資格取得に向け、一人ひとりに合わせたきめ細やかな国家試験対策を実施。

3年生の新学期から国家試験に向けての年間計画を立て、強化学習や模擬試験を実施します。4月には、本校の卒業生から国家試験勉強の秘訣や体験談を聞いたり、国家試験対策のプロから国家試験の傾向や学習方法を伝授してもらいモチベーションを上げていきます。
また、教員が学内で行う模擬試験も含め、全ての試験結果を分析し、弱点分野を解析。個別指導やグループ編成の資料に活用します。後半は、グループ学習が主流となり、学生間で励ましあったり協力して学習することで、学生全体の学力引き上げを図っております。成績が伸び悩んでいる学生には、昼休みや放課後を利用して教員が個別指導を行うなど、国家試験当日に実力を発揮できるよう教員全員でサポートしていきます。

国家試験合格率

看護師・国家試験合格率
平成27年度 平成28年度 平成29年度
本  校 96.6% 91.3% 96.6%
全国平均 94.9% 88.5% 91.0%

カリキュラム

1年次-看護の基礎を身につける-

基礎分野
  • 教育学
  • 総合科学
  • 情報科学
  • 文章構成法
  • 英語
  • 心理学
  • 社会学
  • 人間関係論
  • 生命科学
  • 健康体力科学
専門基礎分野
  • 解剖生理学
  • 生化学
  • 微生物学
  • 疾病論総論
  • 疾病論各論
  • 治療論
  • 社会福祉論
専門分野
  • 基礎看護学概論
  • 基礎看護学方法論
  • 基礎看護学実習
専門分野
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 英語
  • 倫理学
  • 健康体力科学
専門基礎分野
  • 治療論
  • 保健医療論
  • 公衆衛生学
  • 関係法規
専門分野
  • 基礎看護学方法論
  • 基礎看護学実習
専門分野
  • 成人看護学方法論
  • 老年看護学方法論
  • 小児看護学方法論
  • 母性看護学方法論
  • 精神看護学方法論
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
総合分野
  • 在宅看護概論
  • 在宅看護方法論

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 関係法規
専門分野
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
総合分野
  • 看護管理と国際・災害看護
  • 診療の補助技術
  • 臨床看護の実践
  • 看護研究
  • 在宅看護論実習
  • 統合実習

ピックアップカリキュラム

校外研修<1年次>
校外研修

 看護学科では、学生主体で校外研修を実施しています。クラスで話し合いながら具体的な内容を考え、見学施設との調整をはかるなど、多くの経験を重ねていきます。このような経験を通して、自らの意見を発言しながら、相手の意見を取り入れていくことを学んでいきます。クラス全体で達成感を味わい、結束力を高めています。

技術創作<2年次>
技術創作

 基礎看護実習の終了後に、自分達の実施した看護技術を振り返ります。実習中に、本当に患者さんの気持ちに寄り添えたのか、どうしたら安楽な技術ができたのかを考え、文献を調べ実験で検証します。創作した技術を発表し、意見交換することで、根拠のある個別性をふまえた看護実践力を培います。

ケーススタディ<3年次>
ケーススタディ

 3年生は、7ヵ月間の臨地実習が終了した後に、ケーススタディを行います。ケーススタディは、看護援助の原則や実践理論を再度確認しながら自己の看護を振り返ります。最後に発表を行い、お互いの学びを共有します。この学習を通して、卒業後の看護研究のイメージをもちます。

在校生インタビュー

看護体験での患者さんからの言葉で、
看護師になることを決意。

戸梶 美久 さん
看護学科 3年/旭川西高等学校 出身

 幼少期から、人の役に立てることがしたいと思っていました。高校生の時に参加した看護体験で、私は看護師と一緒に、入院中の患者さんに足浴を行いました。看護師と患者さんの関わりから、相手の思いを傾聴し、共感できる態度で接することを学びました。また、足浴終了後、患者さんから笑顔で「ありがとう。」と言われ、役に立てたことへの喜びと達成感を感じました。この体験から看護師になりたいという気持ちがより一層強くなり進学を決めました。
 入学してからは、知識や技術を身につけて、事例展開や実習に取り組んでいます。戸惑うことや悩むこともありますが、大切な仲間と協力し支え合いながら日々の学習を積み重ねて、信頼される看護師になりたいです。

戸梶 美久さん

先生が丁寧に指導してくれるので、
少しづつ技術に自信がついてきました!

市呂 奈女 さん
看護学科 2年/東海大学付属札幌高等学校 出身

 看護は、身につけなければいけない知識や技術が多く、日々の積み重ねが大事だと感じたので、自己学習では1日の予習・復習を大切にしています。重要な所をノートにまとめることで、授業内容が覚えやすく、テスト対策にもなっています。技術では、上手くできなくても、放課後に先生が丁寧に指導してくれるので、少しずつ自信がつき、練習が楽しく感じられるようになりました。放課後や休日には、友達と食事に行くなど気分転換を大切にすることで、充実した毎日を過ごしています。

市呂 奈女さん

自分が行う援助で患者さんに変化が。
実習で、援助する楽しさを学びました!

村上 砂理菜 さん
看護学科 3年/旭川南高等学校 出身

 基礎看護学実習Ⅱで受けもたせていただいた患者さんは、ベッド上安静が続き筋力が低下していました。「趣味はない」と言い、ベッド上で何かする姿も見た事がなかったので、気分転換を兼ねて普段とは違う景色で食事を楽しんでもらうため、車椅子移乗を行いました。
 車椅子に乗ることを最初は嫌がっていましたが、毎日行うことで、実習最後の週は自ら車椅子へ移ろうとするようになり、食事摂取量も増え、表情も明るくなりました。この実習を通して、自分が行う援助により患者さんの変化を感じられ、援助する楽しさを学ぶことができました。今回の実習で学んだ事を活かし、今後の実習でも個別性を考えられるように知識や技術を学習していきたいです。

村上 砂理菜さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩をご紹介します!

前職の経験を活かして、
更なるステップアップを目指す。

高橋 彩音 さん
看護学科 2年/札幌稲西高等学校 出身
前職:看護助手

 私は以前、看護助手として病院で勤務していました。前職では、相手の立場に立って考え行動することや周囲とコミュニケーションを取り協力すること、目標を持ちそれに向け努力を怠らないことの大切さを学びました。仕事を通じ、患者さんが看護師の看護により変化していく姿を間近に見てきました。日々、患者さんとふれあう中で、看護師として患者さんに接したいという気持ちが強くなり、受験を決意しました。
 入学当初はクラスメイトとの年齢差や長期に渡り学生生活から離れていたことへの不安がありましたが、今では前職で学んだことを活かし、同じ目標を持つ仲間と充実した毎日を送ることが出来ています。わからないことや困っていることは、先生方が親身になって対応してくださいます。看護技術では練習を重ね、一つずつできるようになっていく達成感があり、目標に向かって学ぶことができる今を嬉しく思います。

高橋 彩音 さん