3年制(定員40名) NS/看護学科

生命の尊厳と人間の権利を尊重した豊かな人間性を
培うとともに、人間を理解し、その人がその人らしく
生きられるように支援できる専門職を育成する。
また、地域社会に貢献できる人材を育成する。

POINT

北都が育てる学生は人間性にあふれ、患者様との強い信頼関係を築ける人

  1. 就職率 100%
  2. 実践的な技術の習得 充実の実習設備とシミュレーション教育
  3. 国家試験対策 きめこまやかな個別指導
  4. 他学科との交流

【取得できる資格】

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校受験資格
  • 養護教諭養成学校受験資格
  • 専門士

TOPICS

看護学科の校外学習風景の写真

看護学科では、学生主体で校外研修を行なっています。クラスで話し合いながら、内容を考えます。自ら発言すること、相手の意見を取り入れること、を学び、結束力を高めていきます。

1学年・2学年〜入学から基礎医学を学びます

看護師とは、対象者や家族ともっとも多く接し、生活の援助や心のケア、そして診療の補助にかかわる重要な専門職です。少子高齢化が進むなか、地域社会に生き人々の様々な健康レベルに対して、疾病の予防や疾病論総論からの回復、健康の維持増進など、その対象者が自分らしく健康上の問題を解決するように支援する役割を担っています。

1年生/前期

  • 心理学
  • 社会学
  • 健康体力科学Ⅰ
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 解剖生理学Ⅲ
  • 解剖生理学Ⅳ
  • 生化学
  • 微生物学
  • 基礎看護学概論
  • 基礎看護学方法論Ⅰ
  • 基礎看護学方法論Ⅱ
  • 基礎看護学方法論Ⅲ

1年生/後期

  • 教育学
  • 総合科学
  • 情報科学
  • 文章構成法
  • 英語Ⅰ
  • 人間関係論
  • 生命科学
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 解剖生理学Ⅲ
  • 解剖生理学Ⅳ
  • 疾病論総論
  • 疾病論各論Ⅰ
  • 疾病論各論Ⅱ
  • 疾病論各論Ⅲ
  • 疾病論各論Ⅳ
  • 治療論Ⅰ
  • 治療論Ⅱ
  • 社会福祉論
  • 基礎看護学方法論Ⅳ
  • 基礎看護学方法論Ⅴ
  • 基礎看護学方法論Ⅵ
  • 基礎看護学方法論Ⅶ
  • 基礎看護学方法論Ⅸ
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 基礎看護学実習Ⅰ(2週間)

2年生/前期

  • 倫理学
  • 健康体力科学Ⅱ
  • 治療論Ⅲ
  • 基礎看護学方法論Ⅷ
  • 成人看護学方法論Ⅱ
  • 成人看護学方法論Ⅲ
  • 老年看護学方法論Ⅰ
  • 精神看護学方法論Ⅱ
  • 基礎看護学実習Ⅱ(3週間)

2年生/後期

  • 英語Ⅱ
  • 治療論Ⅳ
  • 保健医療論
  • 公衆衛生学
  • 成人看護学方法論Ⅰ
  • 成人看護学方法論Ⅳ
  • 成人看護学方法論Ⅴ
  • 老年看護学方法論Ⅱ
  • 老年看護学方法論Ⅲ
  • 小児看護学方法論Ⅰ
  • 小児看護学方法論Ⅱ
  • 小児看護学方法論Ⅲ
  • 母性看護学方法論Ⅰ
  • 母性看護学方法論Ⅱ
  • 母性看護学方法論Ⅲ
  • 精神看護学方法論Ⅰ
  • 精神看護学方法論Ⅲ
  • 在宅看護概論
  • 在宅看護方法論Ⅰ
  • 在宅看護方法論Ⅱ
  • 在宅看護方法論Ⅲ
  • 成人看護学実習Ⅰ(3週間)
  • 老年看護学実習Ⅰ(3週間)
  • 小児看護学実習Ⅰ(2週間)

山下 奈津美 さん
看護学科 3年/旭川南高等学校 出身

私は2児の母です。子供たちが大きくなったら医者になりたいというものですから何だか医療に興味を持ちはじめ、気づいたら入学していました。青春真っ只中の仲間たちとの毎日はキュンキュンです。

山下 奈津美さん

3学年〜臨地実習を経て医療人へ

3年生/前期

  • 関係法規Ⅱ
  • 看護管理と国際・災害看護
  • 診療の補助技術における安全
  • 臨床看護の実践
  • 看護研究
  • 成人看護学実習Ⅱ(5月~12月)
  • 成人看護学実習Ⅲ(5月~12月)
  • 老年看護学実習Ⅱ(5月~12月)
  • 小児看護学実習Ⅱ(5月~12月)
  • 母性看護学実習(5月~12月)
  • 精神看護学実習(5月~12月)
  • 在宅看護論実習(5月~12月)
  • 統合実習(5月~12月)

鳴海 繭花
看護学科/学科長

看護師になりたい人あつまれ~!
北都の看護学科は、高校を卒業後すぐに進学される方はもちろん、年齢や性別を問わず、さまざまな学生が学んでいます。理学・作業療法学科の学生や教職員との出会いは、多様な価値観をもつ対象を理解する上でプラスになります。看護師になりたいあなた、北都で学んでみませんか?

鳴海 繭花

先輩の声

林 栞凪 さん
看護学科 3年/札幌静修高等学校 出身

病院で一番お世話になるのは看護師さんではないかと思います。世の中にはたくさんの職業がありますが、私が看護師になりたいと思うようになったのは、自分自身の入院でした。清潔な白衣に身を包み、テキパキとした仕事をし、患者さんにはやさしくかかわっている看護師さんを目の当りにして、いずれ私もあんな風になりたいと自分の将来像をはっきりさせました。
看護の“看”という字は“手”と“目”という字からできています。意味は、手で触れて目で見て状態を知ること。“護”には悪いことを事前に防ぐという意味を含んでいます。守るという意味があります。日々学校では、看護ができるように知識と技術を学んでいます。学ぶことがいっぱいあり、大変だと思うこともありますが、志しをともにする仲間と一緒に乗り越えています。
今の私は、適切な対処を正確に行う冷静さと患者さんの気持ちを理解し元気づけるやさしさ、そして手の温もりを通しておもいやりの伝わる看護師を目指して、日々努力しています。

林 栞凪さん