ますます広がりをみせる活動の場、
理学療法士がこれからの日本社会を支える。

理学療法士とは

理学療法士は、日常生活の活動を回復するために、関節を動きやすくする、筋力をつける、歩行や基本動作練習などの「運動療法」、温熱・電気・光線を用いて、痛みや循環の改善を図る「物理療法」などの治療を行う専門職です。また、高齢となり基本的な動作や生活が不自由になった方へのサポートや生活習慣病、障害の予防を行います。

作業療法学科

目指す資格

  • 理学療法士(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への入学資格が得られます。

卒業後の進路

  • 病院/リハビリテーション施設
  • 診療所
  • 機能訓練事業
  • 介護予防
  • 子育て支援
  • 市・区役所・保健所
  • 養護学校
  • 障害者福祉センター
  • 障害者 通所・入園施設
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 健康管理
  • スポーツ関連施設など

学びのポイント

卒業と同時に「学士」と同等の「高度専門士」の称号が得られます。

本学科では卒業時に、大学卒業の「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。
このため、大学院への進学を考える場合、受験資格が大学卒業者と同じになります。

高度化する医療現場に対応するための高精度な実習設備。

三次元動作解析装置や床反力測定装置など、さまざまなリハビリ機器を取り揃えており、学内実習だけでなく、卒業研究にも活用されています。身体動作を立体的に解析することで、より高度で効果的なリハビリの開発など、様々な研究活動を行うことが可能となります。

国家資格取得に向けて、1年次から徹底した国家試験対策を実施。

1年次から国家試験合格を意識した講義を実施。まずは学習の習慣をつけることから開始します。
4年次ではグループワークを中心に学習を進め、担当の教員が、学習の進行具合をしっかりチェック。学生一人ひとりに合わせた個別指導や対策を行うほか、特別講義なども行い、不安の解消や苦手意識を克服していきます。

国家試験合格率

理学療法士・国家試験合格率
平成26年度 平成27年度 平成28年度
本  校 83.8% 88.5% 100%
全国平均 82.7% 82.0% 90.3%

カリキュラム

1年次-医学の基礎を身につける-

基礎分野
  • 心理学
  • 倫理学
  • 文章構成法
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 物理学
  • 情報科学
  • 英語
  • 健康体力科学
  • 体育実習
  • コミュニケーション論
  • 総合医学
専門基礎分野
  • 解剖学
  • 解剖実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 運動学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論実習
専門分野
  • 理学療法概論
  • 理学療法基礎技術論
  • 地域理学療法学

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 体育実習
  • 英語
専門基礎分野
  • 運動学
  • 運動学実習
  • 生化学
  • 病理学
  • 整形外科学
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • 保健医療福祉制度論
  • 医学概論
  • 内科学
専門分野
  • 病態運動学
  • 評価学総論
  • 評価法実習
  • 臨床評価学
  • 義肢・装具学
  • 日常生活活動
  • 運動療法
  • 運動療法実習
  • 物理療法
  • 物理療法実習

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 臨床心理学
専門分野
  • 病態運動学実習
  • 臨床評価学実習
  • 日常生活活動実習
  • 運動療法実習
  • 神経系の理学療法
  • 内部障害系の理学療法
  • 骨関節系の理学療法
  • スポーツ理学療法
  • 老年期理学療法
  • その他の理学療法
  • 地域理学療法学
  • 卒業研究
  • 生活環境論
  • 評価臨床実習
  • 義肢・装具学実習

4年次-実践力を高めて国家試験に挑む-

専門分野
  • 理学療法特論
  • 総合臨床実習
  • 地域理学療法学実習
  • 理学療法学総合演習
  • 卒業研究実習

ピックアップカリキュラム

理学療法基礎技術論<1年次>
理学療法基礎技術論

 理学療法士に必要な技術を在学中の4年間、さらに卒業後臨床現場で学んでいきます。
その導入として理学療法基礎技術論は位置づけられています。1年生が取り組みやすく、また将来的にも理学療法士としての基礎となる内容です。具体的には問診、バイタルサイン測定、車椅子操作、移乗動作介助などの理論と実技を学習します。

評価法実習 <2年次>
評価法実習 Ⅰ

 理学療法士にとって「評価」は対象者をより深く知ることです。その第一歩が評価法実習で学ぶ関節可動域測定や徒手筋力テストなどになります。理学療法評価の基礎ともいうべき内容ですので、講義による知識はもちろんのこと実技が非常に大切です。学生同士で実技練習を行うことで色々な場面に対応できるように技術を高めます。

病態運動学実習<3年次>
病態運動学実習

 理学療法士にとって必要不可欠な専門的な能力である動作の観察・分析を学びます。正常な動作を理解し、その基礎を踏まえて疾患を持った人の動作の観察を通じてその問題点を分析する力を養います。実際の動画などを利用し対象者の問題点を多角的に捉えられるようディスカッションを大切に進めています。

在校生インタビュー

感じた勉強不足を糧に、
基礎知識や技術を磨いていきたい。

北村 光一 さん
理学療法学科 2年/旭川明成高等学校 出身

 私が理学療法士を目指したきっかけは、実際にリハビリを行っている理学療法士の仕事を見て、人の支えになる仕事に感銘を受けたことでした。患者さんの回復を、リハビリを通して自らの手で強く感じることができると思ったのです。
 入学後、病院見学に何度か行きましたが、どの病院でも自分の勉強不足を感じました。医療従事者を目指す上での心意気が足りなかったのだと思います。
 今後は、これからの学習で困ることがないように基礎知識・技術の学習をしっかり行い、人の支えになれる理学療法士になりたいと思います。

北村 光一さん

自分に合った勉強法で、
知識を深めています。

川島 航平 さん
理学療法学科 3年/旭川凌雲高等学校 出身

 1・2年生の頃の授業は、その後の基礎となりとても重要だったことを今になって感じます。現在自分のクラスでは毎月1回、国家試験の過去問題を実施し、解き直しを行っていますが、これにより理解の不十分だった部分が自分で把握でき、さらに解き直すことによって、復習と新たな知識を身につけることができています。
 帰宅してからは、授業内容をノートにまとめながら復習するようにして、機械的に暗記するのではなく、流れに沿って覚え、その後細かく勉強する方法で知識を深めています。

川島 航平さん

多くのことを学び感じることができた、
5週間の臨床実習。

田代 千夏 さん
理学療法学科 4年/富良野高等学校 出身

 3年生では、5週間の実習を経験させていただきました。実習を通して、さらに理学療法士に魅力を感じ、目指そうという気持ちが大きくなりました。実際に臨床に出て、患者様とコミュニケーションを取ることで、何気ない会話の中にも考えるヒントが多くあり、会話を重ねる大切さに気がつきました。また、たくさんの患者様を見学・評価させていただくことで学校では経験できない多くのことを学ぶことができました。さらに、社会人としての礼儀や責任感、やりがいなどを感じることができたことは、今後、理学療法士を目指す上での大きな財産になったと思います。

田代 千夏さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩を後初回します!

前職で培った能力を活かして
スポーツに関わる仕事がしたい!

安友 和史 さん
理学療法学科 3年/旭川大学高等学校 出身
前職:自衛官

 私の家族に医療従事者がおり、そこから理学療法士という職業があることを知りました。昔からいろいろな運動をしてきたこともあり、スポーツに関わることのできる理学療法士にとても興味が出てきたので北都に入学しようと決意しました。
 以前は自衛官として働いていましたが、そこではたくさんの人と関わりながら働いてきたこともあり、初対面の人ともコミュニケーションをとることができ、実際に病院などで働く時に患者さんと良好な関係を築きやすくなるのではないかと思います。
 長らく勉強から離れていたこともあり、入学当初はとても苦労しましたが、同じく社会人を経てきた人も、高校を卒業して入ってきた人も年齢に関係なく、皆で助け合いながら一つの目標に向かって日々頑張っています。

安友 和史 さん