ますます広がりをみせる活動の場、
理学療法士がこれからの日本社会を支える。

理学療法士とは

理学療法士は、日常生活の活動を回復するために、関節を動きやすくする、筋力をつける、歩行や基本動作練習などの「運動療法」、温熱・電気・光線を用いて、痛みや循環の改善を図る「物理療法」などの治療を行う専門職です。また、高齢となり基本的な動作や生活が不自由になった方へのサポートや生活習慣病、障害の予防を行います。

作業療法学科

目指す資格

  • 理学療法士(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への入学資格が得られます。

理学療法士の活躍の場

  • 病院/リハビリテーション施設
  • 診療所
  • 機能訓練事業
  • 介護予防
  • 子育て支援
  • 市・区役所・保健所
  • 養護学校
  • 障害者福祉センター
  • 障害者 通所・入園施設
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 健康管理
  • スポーツ関連施設など

学びのポイント

卒業と同時に「学士」と同等の「高度専門士」の称号が得られます。

本学科では卒業時に、大学卒業の「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。
このため、大学院への進学を考える場合、受験資格が大学卒業者と同じになります。

高度化する医療現場に対応するための高精度な実習設備。

三次元動作解析装置や床反力測定装置など、さまざまなリハビリ機器を取り揃えており、学内実習だけでなく、卒業研究にも活用されています。身体動作を立体的に解析することで、より高度で効果的なリハビリの開発など、様々な研究活動を行うことが可能となります。

国家資格取得に向けて、1年次から徹底した国家試験対策を実施。

1年次から国家試験合格を意識した講義を実施。まずは学習の習慣をつけることから開始します。
4年次ではグループワークを中心に学習を進め、担当の教員が、学習の進行具合をしっかりチェック。学生一人ひとりに合わせた個別指導や対策を行うほか、特別講義なども行い、不安の解消や苦手意識を克服していきます。

国家試験合格率

理学療法士・国家試験合格率
2016年度 2017年度 2018年度
本  校 100% 82.1% 86.2%
全国平均 90.3% 81.4% 85.8%

カリキュラム

1年次-医学の基礎を身につける-

基礎分野
  • 心理学
  • 倫理学
  • 文章構成法
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 物理学
  • 情報科学
  • 英語
  • 健康体力科学
  • 体育実習
  • コミュニケーション論
  • 総合医学
専門基礎分野
  • 解剖学
  • 解剖実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 運動学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論実習
専門分野
  • 理学療法概論
  • 理学療法基礎技術論
  • 地域理学療法学

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 体育実習
  • 英語
専門基礎分野
  • 運動学
  • 運動学実習
  • 生化学
  • 病理学
  • 整形外科学
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • 保健医療福祉制度論
  • 内科学
専門分野
  • 病態運動学
  • 評価学総論
  • 評価法実習
  • 臨床評価学
  • 義肢・装具学
  • 日常生活活動
  • 運動療法
  • 運動療法実習
  • 物理療法
  • 物理療法実習

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 臨床心理学
専門分野
  • 病態運動学実習
  • 臨床評価学実習
  • 義肢・装具学実習
  • 日常生活活動実習
  • 運動療法実習
  • 神経系の理学療法
  • 内部障害系の理学療法
  • 骨関節系の理学療法
  • スポーツ理学療法
  • 老年期理学療法
  • その他の理学療法
  • 地域理学療法学
  • 卒業研究
  • 生活環境論
  • 評価臨床実習

4年次-実践力を高めて国家試験に挑む-

専門分野
  • 理学療法特論
  • 総合臨床実習
  • 地域理学療法学実習
  • 理学療法学総合演習
  • 卒業研究実習

ピックアップカリキュラム

理学療法基礎技術論<1年次>
理学療法基礎技術論

 理学療法士に必要な技術を在学中の4年間、さらに卒業後臨床現場で学んでいきます。
その導入として理学療法基礎技術論は位置づけられています。1年生が取り組みやすく、また将来的にも理学療法士としての基礎となる内容です。具体的には問診、バイタルサイン測定、車椅子操作、移乗動作介助などの理論と実技を学習します。

評価法実習 <2年次>
評価法実習 Ⅰ

 理学療法士にとって「評価」は対象者をより深く知ることです。その第一歩が評価法実習で学ぶ関節可動域測定や徒手筋力テストなどになります。理学療法評価の基礎ともいうべき内容ですので、講義による知識はもちろんのこと実技が非常に大切です。学生同士で実技練習を行うことで色々な場面に対応できるように技術を高めます。

病態運動学実習<3年次>
病態運動学実習

 理学療法士にとって必要不可欠な専門的な能力である動作の観察・分析を学びます。正常な動作を理解し、その基礎を踏まえて疾患を持った人の動作の観察を通じてその問題点を分析する力を養います。実際の動画などを利用し対象者の問題点を多角的に捉えられるようディスカッションを大切に進めています。

在校生インタビュー

祖父の肩の怪我が、
理学療法士を目指すきっかけに。

遠田 珠森 さん
理学療法学科 2年/旭川西高等学校 出身

 私が理学療法士を目指したのは、祖父の肩の怪我がきっかけです。夜に落ち着いて寝ることができないほど痛みが強く、腕を吊るした生活をせざるを得ない状態でした。しかし、リハビリを重ねることで次第に回復し、今では痛みも無く以前のような生活を送ることができるようになりました。その姿を見て私はリハビリに興味を持ち、理学療法士になりたいと強く思いました。
 私は、1人でも多くの方に笑顔になって頂けるような理学療法士になりたいと考えています。そのため、将来臨床の現場に出た時に必要な知識の定着を目指し、毎日勉強に励み基礎を固めることが今後の目標です。

遠田 珠森さん

経験豊かな講師陣により、
授業の解説もわかりやすく、理解しやすい!

小森 光希 さん
理学療法学科 3年/旭川南高等学校 出身

 私が約2年間この学校に通い授業を通して感じた事は、専門分野の勉強なので覚えることがとても多いということです。しかし、学校の先生の他に医科大学などの外部講師の授業も多く、スライドを使ったわかりやすい解説で理解がしやすいと感じました。また、1年生の時から模試を行う事が多く、早い時期から国家試験の勉強を行える事も魅力的だと思いました。勉強はとても難しいですが、やりがいがあり、この学校に来て良かったと思いました。

小森 光希さん

はじめての実習で力不足が浮き彫りになり、
もっともっと勉強を積み重ねていく意欲に。

木村 良 さん
理学療法学科 4年/函館大学付属有斗高等学校 出身

 はじめての長期実習で不安もありましたが、病院の理学療法士の方々や学校の先生方に助けられ、何とか乗り切ることが出来ました。実習は正直厳しいですが、実際に患者様と関われる唯一の機会なのでとても重要だと思っています。実習で学んだことは数多くあり、自分がいかに力不足かを知ることが出来たことが、自分にとって一番プラスになったと思います。次の実習や、実際に臨床に出て働くまでに、もっともっと勉強を積み重ねていく必要性に気づくことが出来ました。
 函館から旭川にきて友人や知り合いが全くいなく、はじめはかなり不安でしたが、今は良い先生や良い仲間に出会えて、北都に入学して心から良かったと感じています。

木村 良さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩をご紹介します!

仕事で関わった理学療法士が、
新しい夢へのはじまりに。

中村 友紀 さん
理学療法学科 3年/北海道鷹栖高等学校 出身
前職:介護職

 北都に入学する前は介護老人施設で5年働いていました。そこでは要介護認定を受けている方に身体・生活援助等を行っていました。病院の理学療法士が施設に訪問リハビリとして来られたときや、入居者を外来リハビリに通院介助をする際、理学療法士の方とは仕事中よく関わることがあり、入居者が楽しそうにリハビリを行っている姿を見て、自分もそのように関われたらいいなと思うようになりました。
 また、関わっていた理学療法士の方が北都出身だったので受験前に色々聞けたことも、この学校に入学するきっかけになりました。
 入学当初はクラスメイトとの年齢差や学生生活から離れていたことへの不安はありましたが、今は同じ目標を持つ仲間と共に支え合い、先生方に様々な視点で適切なアドバイスを頂きながら勉学に励んでいます。医療の勉強を理解することは大変ですが、1つ1つクリアしていき、国家試験に合格し理学療法士として働けるように、日々頑張っていきたいと思います。

中村 友紀さん