ますます広がりをみせる活動の場、
理学療法士がこれからの日本社会を支える。

理学療法士とは

理学療法士は、日常生活の活動を回復するために、関節を動きやすくする、筋力をつける、歩行や基本動作練習などの「運動療法」、温熱・電気・光線を用いて、痛みや循環の改善を図る「物理療法」などの治療を行う専門職です。また、高齢となり基本的な動作や生活が不自由になった方へのサポートや生活習慣病、障害の予防を行います。

作業療法学科

目指す資格

  • 理学療法士(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への入学資格が得られます。

理学療法士の活躍の場

  • 病院/リハビリテーション施設
  • 診療所
  • 機能訓練事業
  • 介護予防
  • 子育て支援
  • 市・区役所・保健所
  • 養護学校
  • 障害者福祉センター
  • 障害者 通所・入園施設
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 健康管理
  • スポーツ関連施設など

学びのポイント

卒業と同時に「学士」と同等の「高度専門士」の称号が得られます。

本学科では卒業時に、大学卒業の「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。
このため、大学院への進学を考える場合、受験資格が大学卒業者と同じになります。

高度化する医療現場に対応するための高精度な実習設備。

三次元動作解析装置や床反力測定装置など、さまざまなリハビリ機器を取り揃えており、学内実習だけでなく、卒業研究にも活用されています。身体動作を立体的に解析することで、より高度で効果的なリハビリの開発など、様々な研究活動を行うことが可能となります。

国家資格取得に向けて、1年次から徹底した国家試験対策を実施。

1年次から国家試験合格を意識した講義を実施。まずは学習の習慣をつけることから開始します。
4年次ではグループワークを中心に学習を進め、担当の教員が、学習の進行具合をしっかりチェック。学生一人ひとりに合わせた個別指導や対策を行うほか、特別講義なども行い、不安の解消や苦手意識を克服していきます。

国家試験合格率

理学療法士・国家試験合格率
平成27年度 平成28年度 平成29年度
本  校 88.5% 100% 82.1%
全国平均 82.0% 90.3% 81.4%

カリキュラム

1年次-医学の基礎を身につける-

基礎分野
  • 心理学
  • 倫理学
  • 文章構成法
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 物理学
  • 情報科学
  • 英語
  • 健康体力科学
  • 体育実習
  • コミュニケーション論
  • 総合医学
専門基礎分野
  • 解剖学
  • 解剖実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 運動学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論実習
専門分野
  • 理学療法概論
  • 理学療法基礎技術論
  • 地域理学療法学

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 体育実習
  • 英語
専門基礎分野
  • 運動学
  • 運動学実習
  • 生化学
  • 病理学
  • 整形外科学
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • 保健医療福祉制度論
  • 医学概論
  • 内科学
専門分野
  • 病態運動学
  • 評価学総論
  • 評価法実習
  • 臨床評価学
  • 義肢・装具学
  • 日常生活活動
  • 運動療法
  • 運動療法実習
  • 物理療法
  • 物理療法実習

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 臨床心理学
専門分野
  • 病態運動学実習
  • 臨床評価学実習
  • 日常生活活動実習
  • 運動療法実習
  • 神経系の理学療法
  • 内部障害系の理学療法
  • 骨関節系の理学療法
  • スポーツ理学療法
  • 老年期理学療法
  • その他の理学療法
  • 地域理学療法学
  • 卒業研究
  • 生活環境論
  • 評価臨床実習
  • 義肢・装具学実習

4年次-実践力を高めて国家試験に挑む-

専門分野
  • 理学療法特論
  • 総合臨床実習
  • 地域理学療法学実習
  • 理学療法学総合演習
  • 卒業研究実習

ピックアップカリキュラム

理学療法基礎技術論<1年次>
理学療法基礎技術論

 理学療法士に必要な技術を在学中の4年間、さらに卒業後臨床現場で学んでいきます。
その導入として理学療法基礎技術論は位置づけられています。1年生が取り組みやすく、また将来的にも理学療法士としての基礎となる内容です。具体的には問診、バイタルサイン測定、車椅子操作、移乗動作介助などの理論と実技を学習します。

評価法実習 <2年次>
評価法実習 Ⅰ

 理学療法士にとって「評価」は対象者をより深く知ることです。その第一歩が評価法実習で学ぶ関節可動域測定や徒手筋力テストなどになります。理学療法評価の基礎ともいうべき内容ですので、講義による知識はもちろんのこと実技が非常に大切です。学生同士で実技練習を行うことで色々な場面に対応できるように技術を高めます。

病態運動学実習<3年次>
病態運動学実習

 理学療法士にとって必要不可欠な専門的な能力である動作の観察・分析を学びます。正常な動作を理解し、その基礎を踏まえて疾患を持った人の動作の観察を通じてその問題点を分析する力を養います。実際の動画などを利用し対象者の問題点を多角的に捉えられるようディスカッションを大切に進めています。

在校生インタビュー

自身の骨折した経験が、
理学療法士を目指すきっかけに。

星野 和音 さん
理学療法学科 4年/旭川明成高等学校 出身

 私自身が以前骨折し、実際にPTからリハビリを受けた経験があり、元の生活に戻れたことがとても嬉しく、私も将来ケガをした人の力になりたい。人を幸せな気持ちにしてあげたい。と思ったのが理学療法士を目指したきっかけでした。
 3年次に病院実習に行きましたが、まだまだ勉強不足で至らない点が多かったです。このままでは人を幸せにすることができないので、最終学年ではさらに勉強を頑張り、基礎知識・技術をしっかり身につけ、目標とする理学療法士になれるように頑張っていこうと思います。

星野 和音さん

意識してしっかり睡眠を取ることで、
授業への集中力もアップ!

山田 一樹 さん
理学療法学科 2年/北海道網走桂陽高等学校 出身

 この学校に入学して感じたことは、専門分野の勉強なので、毎日覚えることが多いこと。1年生で学んだことが分からないと今後が困るので、日々の復習が大切だと感じました。そのため自分が意識していることは、よく寝ることです。しっかり睡眠を取ることで授業に集中でき、それにより復習の効果もグンと上がると思っています。先生方も親身になって分からないことを教えてくれるので、より理解を深めることができてます。良い先生や良い仲間に出会えて、この学校に来て良かったと心から思っています。

山田 一樹さん

患者様からの期待の大きさに、
理学療法士の責任の重さを痛感。

森 鼓弥 さん
理学療法学科 4年/旭川明成高等学校 出身

 5週間の実習では、実際に患者様に対して評価や治療を行わせていただいたり、お話を聞かせていただき、普段の学校生活では学べないことを多く学ぶことができました。また、実習中に患者様のご家族にもお話を伺う機会があり、ご家族や患者様のPTに対して望むこと、期待の大きさに、改めて理学療法士の責任の重さを痛感し、日々努力して、その期待に応えられるような理学療法士になりたいと強く思いました。実習では、理学療法士としてだけではなく、社会人としての礼儀や責任感なども感じることができて、とても貴重な体験をすることができました。

森 鼓弥さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩をご紹介します!

親身になってくれる先生や、
仲間のおかげで、日々が充実。

今泉 喬 さん
理学療法学科 3年/北海道名寄高等学校 出身
前職:消防士

 私が北保に入学しようと思ったきっかけは、消防を辞めた後、北保に入学した友人からこの学校のことを聞いたのがきっかけでした。学校を受験するかどうかを迷っていた時、ちょうど体験入学があり、学校の様子や教員の方たちとお話させて頂き、この学校に入学を決めました。
 私が入学した当初は、消防の知識が少しは活かせると思っていたのですが、手術前と後の患者さんへの対応はほとんど異なった知識であり、一からのスタートでやってきました。
 入学してから約2年が経った今、私が思うのは、この学校に入って本当に良かったということ。生徒の細かな差異に気づき親身になって相談を受けてくれる先生方や、お互いを高め合う仲間が居てくれる今が、とても充実しています。

今泉 喬 さん