ますます広がりをみせる活動の場、
理学療法士がこれからの日本社会を支えます。

理学療法士とは

理学療法士は、日常生活の活動を回復するために、関節を動きやすくする、筋力をつける、歩行や基本動作練習などの「運動療法」、温熱・電気・光線を用いて、痛みや循環の改善を図る「物理療法」などの治療を行う専門職です。また、高齢となり基本的な動作や生活が不自由になった方へのサポートや生活習慣病、障害の予防を行います。

作業療法学科

目指す資格

  • 理学療法士(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への受験資格が得られます。

理学療法士の活躍の場

  • 病院/リハビリテーション施設・診療所
  • 機能訓練事業・介護予防・子育て支援
  • 市・区役所・保健所・養護学校・障害者福祉センター
  • 障害者 通所・入園施設・通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション・老人保健施設
  • 健康管理・スポーツ関連施設など

知識に加え、
臨床現場で実践できる技術を習得します。

学びのポイント

POINT 1

卒業と同時に「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。

POINT 2

高度化する医療現場に対応するための高度な実習設備。

POINT 3

国家資格取得に向けて、1年次から徹底した国家試験対策を実施。

日々の暮らしを支えるため
様々な知識と技術を身につける。

平尾 奈月 さん
理学療法学科 3年生/池上学院高等学校 出身

病気との葛藤に寄り添ってくれたのは北都の卒業生でした。
 私が理学療法士を目指そうと思ったのは、病気で入院した時にお世話になった事がきっかけです。
 高校生の時に入院生活が続き、動きたいのに動けない葛藤で身体的にも肉体的にも限界を感じていた時がありました。そんな時に一緒に頑張ろうと寄り添い励ましてくれたのが北都の卒業生でした。実際にリハビリを間近で見て、辛いはずの患者さんが笑顔で取り組んでいる姿が印象的でした。患者さんが良くなっていく姿を近くで感じられるやりがいのある素敵な職業だと思い、目指すようになりました。
 私は一人でも多くの方の力になれるように、確かな知識と技術を身につける事を目標にこれからも頑張っていきたいです。

平尾 奈月さん

4年間のカリキュラム

1年次-医学の基礎を身につける-

基礎分野
  • 心理学
  • 倫理学
  • 基礎数学
  • 物理学
  • 英語
  • 生命科学
  • 文章構成法Ⅰ
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 情報科学
  • 健康体力科学
  • 体育実習Ⅰ
専門基礎分野
  • 解剖学I
  • 解剖学Ⅱ
  • 解剖学実習I
  • 解剖学実習Ⅱ
  • 生理学I
  • 生理学Ⅱ
  • 生理学実習
  • 運動学I
  • 人間発達学
  • リハビリテーション概論
  • リハビリテーション概論実習
専門分野
  • 理学療法概論
  • 理学療法基礎技術論
  • 理学療法演習Ⅰ
  • 基礎評価法実習
  • 地域理学療法学I
1年次
理学療法基礎技術論
 理学療法士に必要な技術を在学中の4年間、さらに卒業後臨床現場で学んでいきます。
 その導入として理学療法基礎技術論は位置づけられています。1年生が取り組みやすく、また将来的にも理学療法士としての基礎となる内容です。具体的には問診、バイタルサイン測定、車椅子操作、移乗動作介助などの理論と実技を学習します。

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 体育実習
  • 英語
専門基礎分野
  • 運動学
  • 運動学実習
  • 生化学
  • 病理学
  • 整形外科学
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • 保健医療福祉制度論
  • 内科学
専門分野
  • 病態運動学
  • 評価学総論
  • 評価法実習
  • 臨床評価学
  • 義肢・装具学
  • 日常生活活動
  • 運動療法
  • 運動療法実習
  • 物理療法
  • 物理療法実習
実習
  • 検査臨床実習3週間
2年次
病態運動学実習
 理学療法士にとって必要不可欠な専門的な能力である動作の観察・分析を学びます。正常な動作を理解し、その基礎を踏まえて疾患を持った人の動作の観察を通じてその問題点を分析する力を養います。
 実際の動画などを利用し対象者の問題点を多角的に捉えられるようディスカッションを大切に進めています。

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
専門分野
  • 病態運動学実習
  • 臨床評価学実習
  • 義肢・装具学実習
  • 日常生活活動実習
  • 運動療法実習
  • 神経系の理学療法
  • 内部障害系の理学療法
  • 骨関節系の理学療法
  • スポーツ理学療法
  • 老年期理学療法
  • その他の理学療法
  • 地域理学療法学
  • 卒業研究
  • 生活環境論
  • 評価臨床実習
実習
  • 評価臨床実習 4週間
  • 総合臨床実習I 8週間
3年次
スポーツ理学療法
 理学療法士が活躍する分野の1つにスポーツ領域があります。スポーツ領域に関わるためには運動器を中心とした医学的知識はもちろんのこと、競技特性や選手との関わり方なども学ぶ必要があります。
 また、様々な場面に対応できるように知識の習得だけではなく実技練習も行うことで理学療法技術を高めていきます。

4年次-実践力を高めて国家試験に挑む-

専門基礎分野
  • 栄養学
  • 臨床薬学
  • 救急救命
  • 社会保障論
専門分野
  • 理学療法制度論
  • 理学療法管理学
  • 義肢・装具学実習
  • 物理療法
  • 物理療法実習
  • 老年期理学療法
  • 理学療法特論
  • 卒業研究
  • 卒業研究実習
  • 地域理学療法学Ⅱ
  • 生活環境論
4年次
物理療法実習
 理学療法は、運動療法と物理療法とに大別されます。4年次には温熱や寒冷または電気療法を用いた物理療法を学びます。それにより患者様の痛みや循環障害、末梢神経損傷などにアプローチし回復を促します。

教えて先輩!在校生インタビュー

実践を目にする機会が多く将来を具体的に想像

平川 由和 さん
理学療法学科 2年/釧路江南高等学校 出身

学校生活を通して感じた事
 私が、1年間授業を通して感じたことは、まず専門分野の勉強は覚える量が膨大で大変だという事です。しかし、専門学校ならではの「先生と学生の距離が近い」学校なので、わからないところはすぐ先生に質問して解決することができます。
 また1年生のうちから病院などに見学実習へ行く機会があるので実際に理学療法士がどんな仕事をしていて、どんな形で人の役にたっているのか知ることができ、将来の具体的な目標を立てやすいと感じました。

平川 由和さん

1年次-時間割例-

1/9:00〜10:30 健康体力科学 基礎数学 社会福祉論 文章構成法Ⅰ 心理学
2/10:40〜12:10 地域理学療法学Ⅰ 解剖学実習Ⅰ 情報科学 物理学 解剖学Ⅰ
3/13:10〜14:40 倫理学 生命科学 体育実習Ⅰ 人間関係論 解剖学実習Ⅱ
4/14:50〜16:20 リハビリテーション概論     人間関係論  
先輩の1日のスケジュール

患者さんに寄り添うことで見えてくる見極め

草彅 雅哉 さん
理学療法学科 4年/北海道栄高等学校 出身

実習を通して感じた事
 実習前は、「この症状ならこの検査をやろう。」と教科書通りの評価を行うのが良いと考えていました。しかし、実際に患者様の担当をして、同じ疾患の患者様でも性格や動作などによって、行うべき評価は変わってくるのだと改めて感じました。
 そのため、評価の練習をするだけではなく、患者様が今後どのように生活をしていくかを考えることが重要だと感じました。
 自分も患者様に寄り添えるPTになれるよう頑張りたいと思います。

草彅 雅哉さん

あきらめず、夢に向かって学びたい!本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。

大学卒業→介護職員→北都保健福祉専門学校

伊藤 圭一 さん
理学療法学科 2年/室蘭栄高校卒業 出身

 私は大学卒業後にデイサービスで介護職として4年間勤務し、北都保健福祉専門学校へ入学しました。デイサービス利用者の方々と接し、様々な病気や障害を持ちながらも自宅で生活したいと思う人が多いと感じると共に、そのような方をリハビリなど専門的な知識や技術で支援できるようになりたいと思うようになりました。1年生の授業では、病気の名称や法制度、高齢者との学んだ経験が役に立ったり、年下の同級生との切磋琢磨の中で高いモチベーションを持ちながら勉強に励むことができました。
 今後は理学療法・医療の分野にさらに深く踏み込んで行くため、同級生達と協力・競争し、先生方からご指導頂きながらより一層授業と日々の自己学習に力を入れていかなければと思います。

伊藤 圭一さん