超高齢化が進む日本において、
作業療法に大きな期待が向けられています。

作業療法士とは

作業療法士とは、心身に障がいを持つ人に対して、さまざまな作業を通して、医学的治療と訓練を行い、身体機能の回復と心のリハビリを行う専門家です。児童から高齢者まで幅広い対象者の「よりよい日常生活」を援助するとともに、社会復帰の実現を目指していきます。

作業療法学科

目指す資格

  • 作業療法士(厚生労働省国家資格)

取得資格・称号

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への入学資格が得られます。

作業療法士の活躍の場

  • 病院/リハビリテーション施設
  • 職業センター
  • 身体障害者福祉センター
  • 保健所/保健センター
  • 精神病院
  • 精神保健福祉センター
  • 精神障害者社会復帰施設
  • 小児病院
  • 児童福祉施設
  • 養護学校
  • 老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人デイサービスセンター
  • 訪問リハビリテーションなど

学びのポイント

卒業と同時に「学士」と同等の「高度専門士」の称号が得られます。

本学科では卒業時に、大学卒業の「学士」と同等と認められる「高度専門士」の称号を得ることができます。
このため、大学院への進学を考える場合、受験資格が大学卒業者と同じになります。

臨床経験の豊富な教員が、指導にあたります。

各臨床分野のエキスパートが教育します。
身体障害、発達障害、精神障害の臨床経験をもつ教員が授業を担当。臨床現場での厳しさややりがいもよく分かっている先生たちが、学生たちの指導にあたります。

個別指導・模擬試験など、きめ細かな指導で、国家試験の合格に向けてサポート!

2、3年次から模擬試験を実施し、専門基礎分野の国家試験問題に触れる機会をつくっています。4年次には10月から本格的な国試対策を開始。独自のカリキュラムで、知識の関連性や根拠について理解を深めていきます。
また、模擬試験を頻回に実施し、その結果を個別に分析。理解度・習得度について学生自身が確認できるようにしています。成績が伸び悩んでいる学生には、専任の教員が学生一人ひとりに合わせた個別指導や対策を行い、国家資格取得に向けてフォローしていきます。

国家試験合格率

作業療法士・国家試験合格率
2016年度 2017年度 2018年度
本  校 90.9% 100% 100%
全国平均 83.7% 77.6% 71.3%

カリキュラム

1年次-医学の基礎を身につける-

基礎分野
  • 心理学
  • 倫理学
  • 文章構成法
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 物理学
  • 情報科学
  • 英語
  • 健康体力科学
  • 体育実習
  • コミュニケーション論
  • 総合医学
専門基礎分野
  • 解剖学
  • 解剖実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 運動学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論実習
専門分野
  • 作業療法概論
  • 地域作業療法学
  • 臨床実習
  • 基礎作業学実習

2年次-専門分野の知識と技術を習得する-

基礎分野
  • 体育実習
  • 英語
専門基礎分野
  • 運動学
  • 運動学実習
  • 生化学
  • 病理学
  • 整形外科学
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • 保健医療福祉制度論
  • 内科学
専門分野
  • 作業療法概論
  • 基礎作業学
  • 基礎作業学実習
  • 評価法
  • 義肢装具学・実習
  • 日常生活活動
  • 日常生活活動実習
  • 精神障害
  • 精神障害実習
  • 身体障害
  • 身体障害実習
  • 老年期障害
  • 地域作業療法学実習

3年次-臨床体験を活かし知識を磨く-

専門基礎分野
  • 臨床心理学
専門分野
  • 日常生活活動実習
  • 身体障害実習
  • 精神障害
  • 精神障害実習
  • 発達障害
  • 発達障害実習
  • 老年期障害
  • 高次神経障害
  • 地域作業療法学
  • 生活環境論
  • 臨床実習

4年次-実践力を高めて国家試験に挑む-

専門分野
  • 作業療法特論
  • 卒業研究
  • 卒業研究実習
  • 臨床実習
  • 基礎作業療法学演習
  • 作業療法評価学演習
  • 作業療法治療学演習
  • 地域作業療法学実習

ピックアップカリキュラム

1・2年次合同ゼミ発表<1年次>
1・2年次合同ゼミ発表

 ゼミ本来の目的は学問的知識や技能の追求にありますが、本学科で行うゼミでは、1・2年生の交流を目的に行っております。共通課題に取り組む中で先に入学した先輩として、また先輩の後ろ姿に自身を映し出す後輩との双方向的な関わりの中で、充実した学生生活や人と対峙する職種の理解に繋がることを期待しています。

精神障害実習 <3年次>
精神障害実習 Ⅱ

 作業療法では“こころ”に問題を抱えた方も対象としています。この授業では、集団活動に参加した際の自分や他者の認知(思考のクセ)および行動について観察を行います。レポート作成後はグループごとにディスカッション。教員サポートの下、様々な考え方を共有することで、“人”に関する洞察力を高めます。

身体障害実習 <3年次>
身体障害実習 Ⅱ

 身体障害領域の作業療法で使用されている様々な検査機器や評価法を用いて実践演習を行います。
また、日常生活活動に関わる姿勢・動作分析についての方法や演習を行います。
 人の機能や活動を観るには客観的視点と主観的視点が必要であり、問題となっている障害の原因を追究し、有効な支援方法を考える授業です。

在校生インタビュー

介護の仕事に就く母の背中を見て、
自分も医療・福祉の世界へ。

坪内 湧我 さん
作業療法学科 3年/深川西高等学校 出身

 私が作業療法士を目指したきっかけは、母が介護の仕事をしており漠然と医療や福祉の仕事に就きたいと考えていたことです。そこで北都のオープンキャンパスに参加し、対象者の生活を支えて行く医療職として作業療法士を目指すことが自分の進路目標となりました。
 これまでの講義で、病気や障害そして個人の生活は人それぞれであり、生活を支援する作業療法にも通り一遍な方法はないことを学びました。多くの考え方や価値観をもとに対象者と伴に導き出すことが必要で、そこが作業療法の難しさであり、魅力であると私は感じています。3年生の臨床実習では、対象者にあった支援ができる作業療法士になれるよう頑張りたいです。

坪内 湧我さん

覚えた知識を身の周りで活かせるようになり、
授業が面白いと感じるように。

稲辺 紗彩 さん
作業療法学科 2年/旭川龍谷高等学校 出身

 入学して1年、医療を学ぶため奮闘する毎日ですが、その知識を自分の身の周りで活かせるようになり、ようやく面白く感じるようになってきました。
 また、先生、先輩は親身になって相談に乗ってくれます。学校生活や、様々なイベントを通して同じ道を志す仲間も増えました。これからも同じ道を志す者同士、互いに高めあい、学校生活を送っていきたいと思います。

稲辺 紗彩さん

実習先での状況に適した工夫や方法の導入で、
患者様の活き活きとした姿を目の当たりに。

岸山 翔莉 さん
作業療法学科 4年/旭川農業高等学校 出身

 私はこれまでの実習を通して、能動的に行動することの大切さと、コミュニケーションの重要性を学びました。実習中は患者様全員と円滑に意思疎通が取れるわけではなく、器質的な問題や精神的な理由によって上手く会話が出来ない方がおり、普段何気なくしている会話や意思疎通をとることの困難さを学びました。そのような患者様に対して実習先では状況に適した工夫や方法(環境やジェスチャーや文字盤など代償的な手段)を考え導入することによって、相手の意思や気持ちを理解できるような関わり方をしており、患者様の活き活きとした姿を目にすることが出来たことは貴重な経験となりました。私も患者様の想いの実現を第一に考え、信頼と安心を提供できる作業療法士になれるように取り組んでいきたいと思います。

岸山 翔莉さん

大学生・社会人経験者の方へ

もう一度、夢に向かって学び直したい
本校には、大学進学や社会人の経験を持つ学生も多数在籍。
夢に向かって再チャレンジしている先輩をご紹介します!

北保なら、地元で勉強できて、
国試の合格率も全国平均以上!

本間 弘毅 さん
作業療法学科 4年/旭川凌雲高等学校 出身
前職:ホテルマン(接客業)

 私が北保に入学しようと思ったきっかけは、前職のホテルマンからの転職を考えていた時期にリハビリの分野に興味を持ち調べたことでした。作業療法士という仕事を知り、北保なら地元で勉強ができることや、国家試験の合格率が全国平均と比較しても高く誇ることに魅力に感じ、入学を決意しました。
 入学した当初はリハビリや作業療法の知識はほとんどなかったのですが、少しずつ学ぶ中で作業療法への興味や奥深さ知り、なりたい思いが強まっていくのを感じています。
 社会人を経験し勉強から離れた時期があったからか、「新しい知識が増えていくのが楽しい」という、新鮮な気持ちで学習することができています。また、前職の接客業で多くの人と接してきたこともあり、初対面の人ともあまり尻込みせずにコミュニケーションを取れています。しかし、接客業ではよくある基本的なマニュアルのようなものが作業療法士にはないので、そこが難しいところであると同時に、やりがいのある面白いところだと思っています。

本間 弘毅さん