4年制(定員30名) OT/作業療法学科

地域住民の健康増進、
保健・医療・福祉・教育・就労支援に
寄与するために、関連各種と連携し、協力して
活動できる質の高い作業療法士を育成する。

POINT

  1. 国家試験合格率 3年連続 100% 独自の国家試験対策カリキュラムで安定した合格率を達成(道内No.1)
  2. 通年通して楽しめるイベント 四季を通して学生が楽しめる様々なイベントを実施しています
  3. 就職率 100% 道内・道外から多くの求人、就職活動0宣言

【取得できる資格】

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
    ※卒業時に付与。大学院への受験資格が得られます。

TOPICS

作業療法学科Youtubeチャンネル

地域の課題に対し、学生が行政機関とも連携し体操を作成しました。各種メディアでも取り上げられ話題に。
現在はYoutube【作業療法学科チャンネル】にて公開中。
Youtubeではイベントや普段の様子も公開しています。

作業療法学科のYoutubeチャンネルの画像

1学年・2学年〜基礎医学や疾患について学びます

作業療法に必要な医療や疾患についての基礎知識を講義や実習を通して学習します。
臨床実習に備え、必要な知識や技術を学びます。
1年次より自ら目指す職業のイメージを構築することを目的として実習の機会を設けています。

1年生/前期

  • 心理学
  • 倫理学
  • 基礎数学
  • 物理学
  • 英語
  • 生命科学
  • 文章構成法
  • コミュニケーション論
  • 社会福祉論
  • 人間関係論
  • 情報科学
  • 健康体力科学
  • 体育実習Ⅰ
  • 解剖学Ⅰ
  • 解剖学Ⅱ
  • 解剖学実習Ⅰ
  • 解剖学実習Ⅱ
  • リハビリテーション概論
  • 作業療法概論Ⅰ
  • 基礎作業学実習Ⅰ

1年生/後期

  • 生理学Ⅰ
  • 生理学Ⅱ
  • 生理学実習
  • 運動学Ⅰ
  • 運動学Ⅱ
  • 人間発達学
  • リハビリテーション概論実習
  • 作業療法概論Ⅱ
  • 基礎作業学実習Ⅱ
  • 評価実習Ⅰ
  • 臨床実習Ⅰ(1週間)

2年生/前期

  • 体育実習Ⅱ
  • 生化学
  • 病理学
  • 内科学Ⅰ
  • 中枢神経疾患
  • 精神医学
  • 一般臨床医学
  • 保健医療福祉制度論
  • 基礎作業学
  • 基礎作業学実習Ⅲ
  • 評価実習Ⅱ
  • 作業療法評価法Ⅰ
  • 日常生活活動Ⅰ
  • 身体障害Ⅰ

2年生/後期

  • 運動学実習
  • 内科学Ⅱ
  • 整形外科学
  • 評価実習Ⅲ
  • 作業療法評価法Ⅱ
  • 義肢・装具学
  • 義肢・装具学実習
  • 日常生活活動実習Ⅰ
  • 身体障害Ⅱ
  • 身体障害実習Ⅰ
  • 精神障害Ⅰ
  • 精神障害実習Ⅰ
  • 老年期障害
  • 地域作業療法学実習

平田 紗英 さん
作業療法学科 2年/旭川南高等学校 出身

「先輩・後輩の仲がとっても良いので、困ったことがあれば何でも相談し合える!!」「みんな優しくて毎日が楽しい!!」
解剖学や生理学、心理学など高校では習わない科目が沢山あります。畑で野菜を育てたり陶芸でお皿を作ったりなど、多くの実習授業も嬉しい・楽しいポイントです!

平田 紗英さん

3学年・4学年〜臨床実習を経て作業療法士に

現場で活躍されている先生からの専門的な内容の講義に加え
病院・施設での臨床実習を通して作業療法士になるための
実践的な学習を行います。

3年生/前期

  • 作業療法概論Ⅲ
  • 日常生活活動Ⅱ
  • 日常生活活動実習Ⅱ
  • 身体障害Ⅲ
  • 発達障害
  • 高次神経障害
  • 地域作業療法学Ⅰ
  • 生活環境論
  • 臨床実習Ⅱ(4週間)

3年生/後期

  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 身体障害実習Ⅱ
  • 精神障害Ⅱ
  • 精神障害実習Ⅱ
  • 発達障害実習
  • 作業療法研究法
  • 作業療法研究実習Ⅰ
  • 地域作業療法学Ⅱ
  • 臨床実習Ⅲ(4週間)
  • 臨床実習Ⅳ(6週間)

4年生/前期

  • 作業療法特論
  • 作業療法研究実習Ⅱ
  • 臨床実習Ⅴ(6週間)
  • 臨床実習Ⅵ(1週間)
  • 基礎作業療法学演習
  • 作業療法評価学演習
  • 作業療法治療学演習
  • 地域作業療法学演習

4年生/後期

  • 栄養学
  • 臨床薬学
  • 職業倫理
  • 救急救命
  • 作業療法概論Ⅳ
  • 作業療法管理学
  • 国家試験対策
ß

川上 和敏
作業療法学科/学科長

本校の作業療法学科教育は、知識の詰め込みだけの教育ではありません。“観る・感じる・考える・応える”という一連の学習体験を通して学生自身が実践しながら学ぶという授業を多く取り入れています。特に1年次から作業療法士が働く現場を直接見学する機会があり、勉強する意味や価値、目的を理解しながら、将来の仕事に直結した勉強を行います。学びを職業(作業療法)に繋げることが当学科の教育です。

吉田 幸史

先輩の声

樋渡 涼 さん
作業療法学科 4年/北見北斗高等学校 出身

私が作業療法士を目指したきっかけは、高校3年生で進路に迷っているとき、医療従事者である母からの紹介でした。そのときは作業療法が何かも分からず全く知識がありませんでしたが、北都に入学し、今では身近で作業療法を見てきた母が私に重ね合わせた素敵な作業療法士像と同じように、私も対象者が今生きていることを実感し、これからも生きていきたいと感じさせることのできる作業療法士になりたいと心から思います。
思い描く人間らしい作業療法士となれるよう、卒業までの残り1年間、勉強も遊びも精一杯楽しみます!

樋渡 涼